ビューティー

自然の恵み“和のハーブ”で美肌やデトックスを!

よもぎ、どくだみ、ハト麦…身近なハーブを手軽に取り入れる方法とは?

「ハーブ」といえば、ミントやバジル、ローズマリーなど西洋由来のハーブが有名ですよね。でも、もともとハーブとは薬草や香草のことで、日本にも昔から愛用されているものが数多くあります。日本で古くから伝わる薬草類は病気や怪我の治療や、疲労回復などに効果があるとして生活の中で重宝されてたなじみ深いもの。身近にあり日本人の体質にもマッチした和のハーブ取り入れた「美的生活」を始めてみませんか?

女性の悩みにうれしい和のハーブ「よもぎ」

よもぎ

よもぎ
「ハーブの女王」として知られるヨモギ。道端や河川敷などで手軽に採取できるので、草餅やてんぷらなどの料理にも使われますよね。そんな身近なよもぎには美肌によい効果がたくさんあります。葉の部分には皮脂分泌を抑える効果のあるビタミンB1やB2、抗酸化ビタミンとして知られるビタミンCやE、粘膜や皮膚を正常に保つβ‐カロテンなどがバランス良く含まれている万能野菜なのです。

よもぎには、特に女性のお悩みを助ける効果があります、例えば…

〇生理痛や生理不順、不妊などの婦人科系の改善
〇皮膚の老廃物が排出できるため、美肌効果
〇代謝がアップによるダイエット効果

などで、韓国で流行した「よもぎ蒸し」(ヨモギの葉を蒸してその蒸気で下半身を温める施術)も、冷えを改善など女性特有の不調に効くとされ、人気になりました。よもぎの効果を実感したい人におすすめなのが、よもぎ蒸しと同様の効果を得ることができる「よもぎ風呂」。ご家庭でも気軽にできるので、寒い夜によもぎ風呂で温まって美肌づくりをしてみてくださいね。

生のよもぎを使用する場合
①鍋に水を入れ、汚れを落とし細かく刻んだよもぎを5本~10本程度入れ、沸騰させる
②5~10分程度沸騰させたら、よもぎだけを取り出す
③よもぎの煮汁をお風呂のお湯に混ぜて完成

乾燥よもぎを使用する場合
①よもぎの汚れを落とし、日陰でよもぎを乾燥させる
②ティーパックや布の袋に30g前後の乾燥させたよもぎを入れて完成

デトックス効果の高い和ハーブ →

  • 1
  • 2