トレンド

みんなで盛り上がる、おすすめボードゲーム7選

5. ドクターエウレカ(みんなで大笑い必至!)

メーカー:Blue Orange (フランス) 発売年:2015年
6才~大人 2~4人用 所要15分 ルール難度:1

試験管の玉の色がお題カードと同じになるように、試験管から試験管へ、玉を落とさないように移すスピードを競います。入れ替えるときに玉を手で触ったり、こぼしたりするとその回は脱落。このため化学実験のように、慎重に試験管を傾けて玉を入れる必要があります。何度も同じ失敗をしてしまったり、信じられないぐらい時間がかかったり。みんなで大笑い必至です。

6. ラビリンス(不思議な迷宮に遊ぶ)

メーカー:Ravensburger(ドイツ) 発売年:1986年
7才~大人 2~4人用 所要30分 ルール難度:1.5

敷きつめられたタイルが作る不思議なラビリンス(迷宮)。端からタイルを一つ押しこむことで迷路の形状を変化させ、自分のコマを宝の場所まで導いて宝を集めるゲームです。さっきまでつながっていた道が他のプレイヤーによって影も形もなく消されたときの落胆。はるか彼方の宝へと一気につながる長い道が突然完成したときの歓喜。名作との誉れ高いゲームです。

7. ディクシット(あの人の心が、見えてくる)

メーカー:Libellud(フランス) 国内版発行年:2011年
8才~大人 3~6人用 所要30分 ルール難度:1.5

語り部(かたりべ)がお題に選んだ1枚はどれか。ヒントの言葉を手がかりに推理するゲームです。美しいけれど少し恐い、夢のなかのように不思議な情景が描かれた84枚のイラストカード。同じカードでも人によって印象が全くちがうこともあれば、不思議と一致して驚くことも。友人の意外な内面が覗けるかも。気になる異性を含むグループで楽しんでみたいものです。

というわけで、ボードゲーム、いかがでしょうか。皆さんもぜひ体験してみてください。ただし、あまり興奮し過ぎてご近所迷惑にならないように・・・。

取材協力:株式会社すごろくや
東京・JR高円寺駅前にあるボードゲームの専門店。スタッフの皆さんがルールや面白さをていねいに説明してくれるし、お奨めのゲームを体験しながら選べるのがうれしい。親子でも大人だけでも参加できるイベントも多数開催している、関東地方のボードゲームファンなら知らない人はいないぐらいの超有名店です。丸田社長、すごろくやのスタッフの皆さま、取材ご協力ありがとうございました!

  • 1
  • 2

※記事の情報は2017年5月24日時点のものです。