トレンド

大人が読みたい絵本10冊

慌ただしい毎日に少し疲れたら、絵本を開いてみませんか? ページの中に流れる穏やかな時間があなたを優しく迎えてくれますよ。

大人が読みたい絵本10冊

本屋さんで何気なく手に取った絵本に思わず引き込まれたり、短いストーリーに込められたメッセージの奥深さにハッとさせられたりした経験、ありませんか? 絵本は子供のためだけのものにあらず。なかには様々な経験を重ねてきた今だからこそ共感できる物語や、忘れていた大切なことを思い出させてくれる一冊があります。

そこで今回は、大人になった今こそ読むべき10冊の絵本をご紹介。これまでに約3000冊の絵本を読んできたプロにセレクトをお願いしました。

この方に選んでいただきました!

ドンハマ★さん

ドンハマ★さん
「おとなの絵本プロジェクト」主宰。2014年から大人を対象とした絵本のよみきかせイベントを行い、これまでに240回、のべ4200人以上が参加。絵本を読んだ大人が元気でニコニコすれば、きっと子供にもよい影響を与えるという信条のもとこの活動を続けているそう。キラキラの大きな蝶ネクタイがトレードマーク。

「おとなの絵本プロジェクト」の詳細についてはこちらをチェック!
https://peraichi.com/landing_pages/view/otonaehon

ドンハマ★さんがセレクトした10冊

ドンハマ★さんがセレクトした10冊
  • 『みつけてん』作:ジョン・クラッセン/訳:長谷川義史/出版社:クレヨンハウス
  • 『きょうはマラカスのひ』作:樋勝 朋巳/出版社:福音館書店
  • 『やすんでいいよ』作:おくはらゆめ/出版社:白泉社
  • 『きょうのごはん』作:加藤休ミ/出版社:偕成社
  • 『わたしのものよ』作:マル―/出版社:WAVE出版
  • 『ネコヅメのよる』作:町田尚子/出版社:WAVE出版
  • 『月夜とめがね』作:小川未明/絵:高橋和枝/出版社:あすなろ書房
  • 『すきになったら』作:ヒグチユウコ/出版社:ブロンズ新社
  • 『あさになったのでまどをあけますよ』 作:荒井良二/出版社:偕成社
  • 『おなじそらのしたで』作:ブリッタ・テッケントラップ/訳:木坂涼/出版社:ひさかたチャイルド

大阪弁と、カメのあいだに流れる独特の空気がクセになる

『みつけてん』
作:ジョン・クラッセン 訳:長谷川義史
出版社:クレヨンハウス

ジョン・クラッセンの人気絵本「ぼうしシリーズ」の3冊目。日本を代表する絵本作家・長谷川義史さんが大阪弁で訳をつけています。ふたりのカメがすてきな帽子を見つけたけれど、帽子の数は1つ。さて、ふたりはどうする? というお話。

ドンハマ★ポイント
同シリーズの『どこいったん』『ちがうねん』に続き、今回もふたりのカメのあいだに、1つの帽子をめぐるシュールな空気が流れています。だけど最後にちょっと「ほっとする」オチになっているところがこれまでの2冊にない新しい魅力。心温まる1冊ですよ。

マラカスに合わせて踊るクネクネさんのゆるさがたまらない!

『きょうはマラカスのひ』
作:樋勝 朋巳
出版社:福音館書店

クネクネさんは、マラカスが大好き! 今度のマラカス発表会では、難易度の高い技にも挑戦します。「チャッ ウー」「チャチャ ウー」の軽快なリズムとともに、ゆるーく展開していくお話にほっこりします。表紙裏に描かれているクネクネさんのタイツコレクションの数々にもご注目を。

ドンハマ★ポイント
「クネクネさん」というキャラクターの名前からして笑っちゃうでしょ。全体的にすごくゆるいんですよ。このゆるさに根強い人気があるようで、「クネクネさん」はシリーズ化もされています。脱力系なので、ちょっと疲れたなとか元気でないなというときに読むのも良いかもしれませんね。

頑張り過ぎている人にそっと手渡したい、どこまでも優しい絵本

『やすんでいいよ』
作:おくはらゆめ
出版社:白泉社

「やすんでいいよ」と言いながら、自分の体を差し出すきつねさんに、とんぼやちょうちょ、リスがやってきて一休み…という内容。小さめサイズなので、ちょっとしたプレゼントとしてもおすすめ。仕事や育児を頑張り過ぎているあの人に、そっとこの絵本を差し出してみては?

ドンハマ★ポイント
「やすんでいいよ」は、まさに育児中のお母さんが一番かけてほしい言葉ではないでしょうか。作家のおくはらさんはもともとユーモラスで独特の世界観がある物語を作っていたのですが、ご自身が妊娠・出産されてから作風がガラリと変わりました。この本にもご本人の体験や気持ちが込められているのがよく分かります。

次は、ビジュアルも魅力的な4冊 →