働き女子のお悩み解決!「グチの多い同僚や部下に困っています」<オフィスの心理学①>

アラサー行動心理士・長谷川ミナさんがお届けする新連載。働く女子の周りで日々起こるトラブルや悩みの解決法を教えていただきます。第1回目は「グチの多い同僚・部下への対処法」です。

メインビジュアル:働き女子のお悩み解決!「グチの多い同僚や部下に困っています」<オフィスの心理学①>

グチの多い上司や部下が発する“負の魔力”に注意!

まずは同僚や部下がグチを言ってしまう心理を理解した上で、やる気を引き出す方法を知っておきましょう。

まずは相手を知りましょう

グチを吐いてしまう人の心理は、大きく分けて3つの特徴があります。

●「認めてもらいたい」タイプ
根本的に他者に対して「自分を認めて欲しい」という欲求が強いため、ミスや問題が生じると、 自分が評価されないことにものすごくおびえます。結果、“自分のせいではない”と誰かのせいにして、自己肯定したいのです。自分に自信がないということの現れでもあります。

●「なんで私だけ?」タイプ
「自分だけが面倒な仕事を任される」「自分だけ褒められない」といった具合に、「なんで私だけ……」と思う被害者意識が強いタイプです。このような思い込みの心理があると、現状の問題は自分が悪いのではなく、環境が悪いのだと決めつけてしまいます。このタイプの人は、幼少期に親からの愛情を得られなかった、自分を否定され続けてしまった人に多い傾向があります。

●「悪口・不満吐き出し」タイプ
人の悪口や会社の不満を言うことで、自分のストレスを発散させようとするタイプです。誰かに悩みを相談することもできず、リラックスできる拠り所がない状態だと、心に大きな怒りを溜め込んでしまいます。そのため、常にグチや不満を吐き出さないと自分の心を保てなくなってしまっている状況と言えます。

グチは「心の寂しさ」の裏返し

グチや不満が多い人の共通点は、“心に苦しみを抱えている”ケースが多いということです。心理学的に、怒りの感情は「二次感情」と呼ばれ、その根本には、“悲しみ”や“寂しさ”などの「一次感情」があると言われています。グチを言ってしまう同僚も、実際には、その一次感情を誰かにわかって欲しいという気持ちがあるということを理解しておく必要があります。グチを聞かされる側としては、いつも文句を言っていてうんざり……と思いますが、このように視点を変えてみれば、“寂しい人”なのかも、と違った捉え方ができるかもしれません。

心寂しい人には、やさしさの種をあげましょう。
心寂しい人には、やさしさの種をあげましょう。